正しい知識を身につけ!ニキビの改善方法

ニキビは、多くの人の悩みの種になっていると思います。ニキビは思春期発症し、12-18歳に悪化しやすいことから”青春のシンボル”などと言われて病気扱いされないことがありますが、ホルモンの影響を受けて毛嚢、脂腺系の慢性炎症を生じる皮膚棒で、治療が必要です。日本におけるニキビの平均発症年齢は13.3±1.9歳で、男女の差はありません。では正しいにきびを防ぐ方法を知りましょう。

・保湿すること
まず、洗顔料を落とすことと保湿です。洗顔料を落とすとき、約30回顔全体に両手でじゃぶじゃぶと水をかけて泡を落とします。この際、決して顔をこすったりはしないでください。また洗う水の温度は、36~37度くらいの人肌の温度もしくは水にしてください。絶対熱いお湯などで洗ったりはしないでください。洗顔後は、化粧水やジェル・クリームなどで保湿をおこなって、化粧水は顔全体、ジェルやクリームは目の周りや口元を中心に塗ってください。

・適した化粧品を使うこと
思春期ニキビに適した化粧品を使うことがほとんどの選択です。化粧品を使用して、確かにニキビが治療できて、美白の効果があります。しかし、多くの化粧品が刺激の成分を含み、恐らく治療する同時に皮膚を損ないます。ネットで販売するいい商品は植物あるいは角質をやわらかくするサリチル酸や、保湿効果のあるグレープシードオイルなどを含んだ中薬の調合剤はよく使われています。ビタミンは抗酸化作用でお肌の酸化を防ぎ、免疫力を高める作用があり、皮脂の分泌過剰を抑えれば、アクネ菌のエサとなる皮脂を減らし、炎症が発生する段階まで悪化してしまうのを防ぐことも可能です。ビタミンの摂取が大事なことです。

・ニキビに効く食べ物とよく食べ物
ニキビの原因が偏った食事やストレス、洗い残しなど様々なので、食事では添加物など健康を害すると言われる成分で、ニキビになりやすいです。対策にもさまざまな手段がありますが、普段の食生活を見直すことも、有効な手だての一つです。ニキビにいい食べ物がたくさんあります。ビタミン類は特に効きます。肌に良い栄養素の代表格とも言えるビタミンは、ビタミンAビタミンCとビタミンEがニキビに効果的とされています。ビタミン不足すると活性酸素が増加して毛穴の中で炎症を起こし、ニキビを悪化させます。ビタミンを含む食材としては、野菜と果物ですが、豚レバー、牛レバー、鶏レバーと卵など忘れないでください。

・適した運動をすること
キビなどのお肌のトラブルも、運動をすることによって改善していくこともあります。ニキビ知らずの美しい肌を維持していくためには、運動を生活のなかに取り入れていくこともおすすめです。毎日ダラダラと良くない生活を続けていると、ニキビもできやすくなってしまいます。身体の内側からニキビを予防していくためにも、適度な運動は良いものです。