黒ニキビの治し方は?

ニキビは、毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が増殖し、毛穴の中で炎症を起こしてしまう病気です。おでこ、鼻の頭や小鼻、背中など、ニキビができる場所ならどこにでもできる可能性があります。ホルモンの影響を受けて毛嚢・脂腺系の慢性炎症を生じるが主な原因だと言われています。

そのため毛穴に皮脂がたまりやすく、すぐにニキビができるのです。にきびは患者さんにとっては悩みの深い「病気」です。「にきび」は多くの人が経験し、年齢が上がると自然に良くなっていくことが多いため、「病気」としての認識は強くはありませんでした。 しかし「にきび」はたった一つできても患者さんにとっては 悩みの深い「病気」です。

黒ニキビは白ニキビと同じで炎症を起こす前のニキビ。黒ニキビとはコメド(角栓)毛穴に詰まった状態、白ニキビになった後皮脂分泌進み面皰の内側に角化物質、脂肪酸、アクネ菌などが空気に触れて充満酸化した状態のニキビを指します。黒ニキビができる主な原因は、白ニキビと同様に、毛穴に角質や皮脂が蓄積されていることです。夜更かしが続く不規則な生活やスナック菓子やファーストフード類の食べ過ぎなどの脂肪分の多い食事、疲労やストレスが溜まったり、間違ったスキンケアによりお肌の皮脂が過剰に分泌してしまったりすることもあります。

黒ニキビができやすい場所といえば、基本的に皮脂分泌の多い場所にできやすく、顔、背中、胸、首、腕、肩、などが主です。顔の中で、鼻の先などにいくつも集まってできていることもあります。鼻や小鼻に広がる黒ニキビにいたっては、“イチゴ鼻”と呼ぶことも多いですよね。黒ニキビは、毛穴の中が黒ずんで見えるため、不潔な印象を与えることもあるので、女性にとっては本当に悩ましいニキビです。

黒ニキビの治し方

・保湿
黒ニキビの原因となる、皮脂の詰まりや、酸化して黒くなってしまった皮脂を取り除くには、丁寧な洗顔をすることが効果的。まず、洗顔料を落とすことと保湿です。洗顔料を落とすとき、約30回顔全体に両手でじゃぶじゃぶと水をかけて泡を落とします。この際、決して顔をこすったりはしないでください。また洗う水の温度は、36~37度くらいの人肌の温度もしくは水にしてください。絶対熱いお湯などで洗ったりはしないでください。洗顔後は、化粧水やジェル・クリームなどで保湿をおこなって、化粧水は顔全体、ジェルやクリームは目の周りや口元を中心に塗ってください。

・運動をすること
ニキビなどのお肌のトラブルも、運動をすることによって改善していくこともあります。ニキビ知らずの美しい肌を維持していくためには、運動を生活のなかに取り入れていくこともおすすめです。毎日ダラダラと良くない生活を続けていると、ニキビもできやすくなってしまいます。身体の内側からニキビを予防していくためにも、適度な運動は良いものです。

・和食中心
ニキビに悩んでいる方は、疲れているときや、生理の前、ストレスのたまっているときなど、ついつい甘いものやお菓子、揚げ物などをお酒と一緒に…などとしてしまいがちではないでしょうか。加工食品やファーストフードなども、ニキビを予防するためには避けたい食事の内容になります。健康や美容のことを考えると、和食中心が理想的です。

・治療の基本
黒ニキビも白ニキビと同じように、炎症は起こしていないニキビ。基本的には、毛穴に詰まった角質や皮脂を取り除くことが治療の基本となりますが、それだけでは開いた毛穴に何度も詰まりが生じてしまうことがあります。そのため、毛穴の詰まりを取り除くだけではなく、毛穴を詰まりにくくする対策を合わせて行う必要があります。

他の人気トピック

シアリスジェネリック医薬品はどんな薬?

勃起効果を発揮するまでのレビトラのメカニズムについて

女性の性欲をアップさせる媚薬的な食べ物